日常生活

業務スーパーの焼き鳥は国産?安全性とおいしい食べ方を解説!

業務スーパーの焼き鳥は国産?安全性とおいしい食べ方を解説!

業務スーパーは業務用とあって量が多い!なおかつ安いとあって人気のスーパーです。

業務スーパーでしか買えないものや、輸入商品などいろいろな商品が安く手に入ります。

中でも冷凍食品が人気で、特に焼き鳥は50本1,000円前後とコスパがいいので購入者も多いんです!

ただ安いと気になるのが、国産かどうかということや、安全性ですよね。

今回は業務スーパーの人気商品の焼き鳥にポイントをおいて皆さんに少しでも役に立てる内容をお話できればと思います。




業務スーパーの焼き鳥に国産はある?安全性は大丈夫?

業務スーパーの焼き鳥は国産?安全性とおいしい食べ方を解説!業務スーパーに売られている焼き鳥類は国産商品ではなく中国産のものになっています。

中国産と聞いて安全なのと思う方もいらっしゃると思います。

なので業務スーパーの安心安全の取り組みを少しお話しますね!

業務スーパーでは、下記のような取り組みをしています。

行政指導による各種検査で安全を確保

食品衛生法に規定されている製造基準に適合しているか・添加物の使用基準は適切かどうか・有毒有害物質が含まれてはいないかなどの検査をしてクリアした商品のみ商品として出している

検査内容としては、食品衛生検査(抗生物質・保存料や着色料などの添加物などを調べる)・動物検疫・植物検疫などを詳しくしらべているようです。

そのほかにも専門スタッフによる独自の検査をしているようです。内容として微生物・理化学検査、官能検査なども行い安全に食べられるよう努力してくださっているようですね!

このように業務スーパーでは安全に私たちが食べられるように取り組んでいます。

でも、中国産は…と思う方もいると思います。

そういう方は納得して食べられる国産商品を探してみることをおすすめします。




 業務スーパーの焼き鳥おいしい食べ方!解凍方法やアレンジレシピを紹介

業務スーパーに売られている焼き鳥の種類は下記の通りになります!

  • ジャンボ皮鳥串
  • ねぎま串
  • 鳥つくねぐし
  • ぼんじり串
  • もも串

解凍方法は下記のとおりです。

  • 冷蔵庫での解凍
  • 電子レンジの解凍モードでの解凍

この二つの方法で解凍することで、調理後にお肉が固くならないようにできます。

普通に焼いてもおいしいですが、アレンジして食べている方も多いようなのでおすすめのアレンジ方法も紹介しますね!

いろいろなトッピングするアレンジ

タレなどの味付けがされていないのでいろいろなトッピングを楽しんでいる方が多いようです。

実際のトッピングは、おろしポン酢、明太子マヨネーズ、梅肉しそ、ワサビマヨ、チーズなどをトッピングに使用してアレンジしてもおいしくいただけます♪

ヒルナンデスで紹介!焼き鳥で親子丼!

ヒルナンデスで紹介されていた業務スーパーマニア業務田スー子さんの親子丼の作り方は、すごい簡単でした!

材料1人前

  • 水:100ml
  • 焼き鳥のタレ(市販品):大さじ3
  • 鶏もも串:3本
  • たまご:2個
  • ごはん:適量
  • 三つ葉:適量

  1. 鶏もも串をレンチンか、フライパンで調理します。
  2. 鍋に焼き鳥のタレを入れ、温めた鶏もも串を串から外して入れます。
  3. ひと煮立ちしたら、溶き卵を加えて お好みの固さになったら火からおろします。
  4. ご飯に完成したものをのせたら親子丼の完成です。

業務田スー子さんの業務スーパーレシピは、レシピ本にもなるくらい人気があります!




業務スーパーの焼き鳥の保管方法は?

業務スーパーの焼き鳥は国産?安全性とおいしい食べ方を解説!量の多い業務スーパーの焼き鳥。一人暮らしの方やすでに冷凍庫がほかの食品が多く入っているとなると、箱ごと入れるとほかの食材が入らなくて困るという方もいますよね?

箱ごと入れるとなると、存在感がすごいことになっている方もいるようです。

そんな方々におすすめの保存方法としては、小分け冷凍がおすすめです。

ラップやジップロックなどで小分けにまとめることで冷凍庫の場所を取らず、食べたいときに少しの量で温めることができます。

そのまま電子レンジなどで解凍することができないジップロックもあるので、電子レンジが使用できるジップロックを使用することをおすすめします!




業務スーパーの焼き鳥の安全性と食べ方まとめ

今回は業務スーパーの焼き鳥についてお話していきました。

安くておいしいとテレビなどでも紹介されているとあってSNSなどでも紹介されていました。

今回の記事をまとめてみると

  • 焼き鳥は中国産だが業務スーパーの安心安全の取り組みとしてしっかりとした検査が行われている
  • しっかり解凍することで固くなりすぎない焼き鳥が食べれる
  • 量が多いためいろいろなアレンジ方法が楽しめる
  • ジップロックやラップでの小分け保存がおすすめ!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

業務スーパーの焼き鳥を実際に食べてみておいしさを知ってみてください!